MENU

明石被服興業株式会社(富士ヨット学生服)について

株式会社明石スクールユニフォームカンパニー本社
明石被服興業株式会社は2015年に営業・販売を担う「株式会社明石スクールユニフォームカンパニー(AKASHI S.U.C.)」と製造・物流に特化した「明石被服興業株式会社(AKASHI H.K.C.)」とに分社化されました。

 

・株式会社明石スクールユニフォームカンパニーの新しいホームページは→こちら
・明石被服興業株式会社について知りたい方は→こちら

洋服の断捨離ができない?断捨離の仕方とコツ・ポイントを解説します!

洋服の断捨離、すっぱり出来ればとても気持ちが良いですし、クローゼットもお部屋も片付いて、まさに良い事尽くしですよね!

 

断捨離できれいに片付いたクローゼット

 

ですが、この断捨離、そう簡単に出来るものではありません・・・
断捨離にはコツやテクニックが存在します。

 

今回は、洋服の断捨離のコツやテクニック、そして、断捨離の一つの方法として、洋服宅配買取サービスのご紹介などを行っていこうと思います。

 

 

断捨離のコツ・テクニック

 

クローゼットを開けてみると、いつ着るのか分からないような洋服がかかっていたり、体型が変わってしまったために着なくなった服があったり、もらい物でデザインなどが好みではなく、着ないままになっている洋服があったりなど、着ない服もしくは着られない洋服がとてもたくさんあるのではないでしょうか。

 

まずは、これら不要な洋服の断捨離を行うコツやテクニックについて、見ていきたいと思います。

 

 

なぜ断捨離を躊躇してしまうのか?を知る

 

いざ洋服の断捨離を行おうとしても、躊躇してしまうということはよくある話です。
というのも、洋服にも人それぞれ様々な思い出があったり、思い入れというものがあるためです。

 

断捨離するかどうか悩んでいる女性

 

これは物の断捨離にも言えることなのですが、どうしても気持ちが入ってしまっている物や洋服は捨ててしまったり手放すことを戸惑ってしまいがちです。

 

これは、断捨離を行おうとする方の多くがそうなので、特に気にして悩むようなことではありません!
なので、断捨離を躊躇してしまう気持ちが出てくるのは自然なことと考えて、安心してくださいね。

 

 

着ない=無駄にしていると考え方を変えてみる

 

ですが、断捨離には、そのような気持ちも断ち切ることが必要となります。
というよりも、考え方を変えるという言い方の方がいいかもしれません。

 

「○○さんに貰った洋服だから捨てるのはちょっと・・・」という考え方を変えてみてください。

 

たとえ親しい方に貰った洋服であっても、その洋服を一度も着たことがなかったり、一回だけ着て後はずっとクローゼットにしまったまま・・・
という状態の場合、「捨てたくない」と言いながらも、頂いた洋服を粗末に扱っていると感じませんか?

 

”頂いた洋服を着ない=無駄にしている”

 

つまり、頂いた洋服であっても、着ないのであれば捨ててしまったり、誰か欲しい人にあげてしまったほうが、無駄にはならないということになります。

 

この考え方が出来るようになれば、断捨離は自然と捗るようになりますよ!
もったいない病の方はとても多いですし、私もその一人ですが、考え方を変えてみることはとても大切です。

 

 

「いつか着るかもしれない」その時は、一生来ないと考える

 

もったいない病と同じような症状として、着るかもしれない病もあります。
ちなみに、先ほどから述べているこれらの「病」については、正式なものではなく、私が勝手にそう呼んでいるものですので、ご注意ください。

 

「いつかこの洋服着るかもしれない」「いつかこれを使うかもしれない」というような考え方をして、クローゼットや居室にずっと置いておくというものです。

 

私もこのタイプで、つい「着るかも・・・」「使うかも・・・」と、一度も使ったことがないし着たこともないような洋服を、ずっとしまっておくタイプです。

 

この考え方は断捨離とは真逆の考え方なので、改める必要があります。

 

ここ2年以内に着ていない洋服は、もう二度と着る事はありません。
半年以内に使用しなかったものは、きっと二度と使用する機会はありません。

 

いつまでも着ない服をとっておいても、無駄としか言いようがありません。
さっさと捨ててしまうか、欲しい人にあげるようにしましょう!

 

 

好きな服だけ残してみる

 

そんな事言われたって、いきなり断捨離を行うのは難しい・・・という方の場合には、好きな服だけを残すようにしてみてください。

 

好きな服だけ残すイメージ

 

例えば、以前は好みだったから購入した洋服でも、今は好みが変わって着ていない洋服などがある場合には、もう好みではないという事で捨ててしまいましょう!
また、先ほどもご説明しましたように、もらったけど好きじゃない洋服についても同じです。

 

クローゼットの中が好きなものだけになれば、とてもすっきりします。

 

洋服は、一つ買ったら一つ処分するというように決めておくと、クローゼットの中を綺麗に保つことが出来る様になりますし、そのほうがお洒落を楽しむ事が出来ます。

 

 

「まだ着られるか」を重視するのではなく「着るのか」を重視する

 

断捨離においてとても重要なコツは、使えるのかではなく、使うのかという事を見極めることです。

 

洋服の場合には、「まだ着られるか」ではなく、「着るのか」を見極める必要があります。

 

結局、どんなに多くの洋服をクローゼットに入れていても、よく着る洋服は大体お気に入りの洋服数着のみではありませんか?
いくらまだ着られるとはいっても、もう着る機会なんてないのです。

 

 

思い出の品と思い出は違うと考える

 

今はもう着ないけど思い出の洋服があって、どうしても処分できないという方もおられると思います。
ですが、その洋服を処分したからといって、思い出まで一緒に処分されるわけではありません。

 

思い出のイメージ

 

「思い出の品」と「思い出」は、全くの別物なのです。

 

その点を理解し、思い出の品であっても着ない洋服は処分するようにしてみましょう。

 

 

売れるものは売ってみる

 

もったいない精神から抜け出して断捨離をしていると、これは売れるかもしれない!と思えるような洋服が出てきたりすることがあります。

 

どうせ処分するのであれば、お金になりそうなものは売ってしまうというのも一つの方法です。

 

自分にとってはもう着ない洋服であっても、別の誰かにとっては欲しい洋服かもしれないのです。
ただ捨てるのではなく、誰かに手に渡ればその洋服もまた新たな場で活躍してくれるでしょうし、断捨離しながらちょっとしたお小遣い稼ぎにもなりますよね。

 

今の世の中、フリマアプリやネットオークション、その他にもネットで申し込みできる宅配買取など洋服を売る方法はいろいろありますので、そういったサービスを活用してみてはいかがでしょうか。

 

【参考記事】おすすめの洋服買取サービスについてはこちら→洋服売る.jp

 

 

 

洋服を売るならどこがいい?メルカリ?ヤフオク?宅配買取?

 

では、断捨離をしていく中で、これは売れそうだと思う洋服が出てきた場合に、どこで売るのが良いでしょうか?

 

前述の通り、洋服を売ると言っても方法はいろいろあります。
その中でも一般的に思いつく方法方といえば、以下の4つの方法ではないでしょうか。

 

  1. フリマアプリ(メルカリやラクマ)に出品して売る
  2. ネットオークション(ヤフオク)に出品して売る
  3. 近くのリサイクルショップに持ち込んで売る
  4. ネット宅配買取サービスで売る

 

メルカリやヤフオクでは断捨離がなかなか進まないことも!

 

以前から利用者が多かったヤフオクに加えて、最近ではメルカリの利用者が爆発的に増えているので、着なくなった服はフリマアプリやネットオークションに出品して売るという人も多いです。

 

スマホでフリマアプリを見ている女性

 

でも、出品する洋服を撮影して、売れそうな値段をつけて、出品して、そして購入希望者とやり取りをして、、というのがかなり面倒なんですよね。

 

それから、そもそもフリマアプリやネットオークションに出品をしても、すぐには売れない場合もよくあります。
そうすると、出品してから売れるまでは自宅にずっとその洋服を保管しておく必要があるので、断捨離がなかなか進まないという問題があります。

 

断捨離して洋服を減らしたいのに、なかなか売れないから断捨離が進まない!って本末転倒ですよね!

 

そんなわけで、普段からメルカリやヤフオクをよく使っている人なら大丈夫かもしれませんが、あまり慣れてない人はメルカリやヤフオクで服を売ること自体に時間がかかってしまって、洋服を断捨離するという目的を見失いがちなので気を付けてください。

 

 

リサイクルショップに持ち込んでもいいけど、割に合わないことも・・・

 

一方で、近くのリサイクルショップに持ち込んで売るという方法もありますが、大量の洋服を処分する時など持っていくだけでも大変です。

 

また、お店にもよりますが、一般的にリサイクルショップではあまり高く買取してくれることは少ないです。

 

せっかくのブランド品でもちゃんと価値を認めて査定してくれるかわかりませんし、頑張ってダンボール箱いっぱいに何箱も持ち込んだけれど数百円にしかならなかった、という経験をした人もいるのではないでしょうか。
リサイクルショップに持っていく手間や時間、ガソリン代などを考えると割に合わないといか、正直微妙なんですよね。。

 

 

おすすめはスマホ(ネット)から申し込みできる宅配買取!

 

その点、スマホ(ネット)から簡単に申し込みができて、自宅から一歩も出ることなく洋服を売ることができるのが宅配買取サービスです。

 

宅配買取で洋服を売る女性

 

宅配買取サービスの良いところは、メルカリやヤフオクのように出品したり、売れるのを待つ必要がなくて、しかもいらない服をまとめて処分できることです。

 

しかも、店舗を構えているリサイクルショップと違って、宅配買取の場合は店舗を持たずにネット専門で運営している会社も多く、家賃や人件費などのコストがかからない分一般的なリサイクルショップよりも高く買取しくれる傾向があります。

 

そんな宅配買取サービスもいろいろと増えてきているのですが、その中で一番利用されているのが株式会社デファクトスタンダードが運営する「ブランディア」という宅配買取サービスです。

 

宅配買取ブランディア 公式サイト

 

ブランディア公式サイトはこちら→http://brandear.jp/lp

 

 

ブランディアの特徴は?

 

ブランディアの特徴として、以下のようなものが挙げられます。

 

  1. 持っていく、取りに行くという手間が不要
  2. なんと全てが無料でOK
  3. 最短3日以内に入金
  4. 汚れや傷があっても査定可能
  5. 取扱ブランド6,000ブランド以上

 

持っていく、取りに行くという手間が不要

 

ブランディアは、宅配買取サービスです。
そのため、断捨離で不要になったたくさんの洋服を抱えて、店舗まで出向く必要はありません。
空いた時間に洋服を詰め込み、電話一本で集荷に来てもらうことが出来ます。

 

査定が不可能だった洋服なども、もちろん取りに行く必要はありません。
余計な手間をかけずに、自宅にいながら全てを完了することが出来るサービスなのです。

 

なんと全てが無料でOK

 

ブランディアは、送料や査定料・振込み手数料・キャンセル料にいたるまで全てが無料となっています。

 

そのため、料金面などを気にすることなく、気軽に査定の申し込みをすることが出来ます。
断捨離を行った際に売る事にした洋服を、何の費用もかけることなく査定に出す事ができるというのはとても嬉しい事ですよね。

 

まさに、断捨離にはもってこいのサービスとなっています。

 

最短3日以内に入金

 

ブランディアは、最短で3日以内に入金が行われる仕組みとなっています。
とても対応が早いために、待ちぼうけをくらうことはありません。

 

あまり待ち時間が長いサービスというのは、利用していて疲れるものです。
査定が完了してからすぐに買取金額の連絡がきますので、その査定内容で納得できて買取が成立した場合、すぐに振込みが行われます。

 

汚れや傷があっても査定可能

 

ボタンがとれてしまっている洋服や、古いデザインのもの、すそ上げがされているものや、クリーニングに出していないものまで、多少の汚れや傷などがある洋服であれば、査定してもらうことが出来ます。

 

小物なども査定可能ですので、片方だけのピアスが出てきたという場合にも、一緒に詰め込んで送る事が出来ます。

 

取扱ブランド6,000ブランド以上

 

取扱ブランドは、なんと6,000ブランド以上というとても多くの取扱となっています。
他社でここまでのブランド数を取り扱っているところは少なく、一流ブランド以外のカジュアルブランドや、ローブランドの洋服も買い取ってもらう事が出来るようになっています。

 

取扱ブランドにつきましては、ブランディアの公式サイトで確認していただくことが出来ます。
20代や30代前半の落ち着いた可愛いスタイルが好みの女性に人気のLAISSE PASSEなども取扱がありますよ!

 

その他、普段よく洋服を購入するようなお店のブランドも多数ありますよ。

 

ブランディア 公式サイトはこちら

 

 

このように、ブランディアは断捨離ととても相性の良い宅配買取サービスなのです。
断捨離で着ない服、不要な服を売ることでクローゼットはすっきり&お財布はほっこり!

 

洋服の汚れや傷があっても多少なら査定が可能となっていますし、なにより全てが無料で利用することができので、一度気軽に査定を依頼してみることもおすすめです。

 

断捨離を行う際には、ぜひブランディアの宅配買取サービスを検討してみてくださいね。

 

 

洋服の断捨離方法、みんなどういう風にしてる?

 

洋服の断捨離を行うにあたってのハードルは、実際に断捨離に着手しするのが面倒だったり、断捨離がなかなか進まずに嫌になってしまうっことだと思います。

 

ここでは実際に洋服の断捨離を行った方々に、断捨離のコツや具体的方法、断捨離を行って気づいたメリットなどについて聞きましたので紹介したいと思います。

 

洋服の断捨離で思わぬ臨時収入!

 

預金通帳と電卓

 

たまたま観ていたテレビで、いわゆる汚部屋の特集をしていました。

 

何でも屋さんがどんどん片付けて綺麗になっていく…という最近良くある話でしたが、家族で流石にこれは汚ないよね?と話していたら、妹に「お姉ちゃんの部屋も似たようなものだよ。」と言われてしまったのです。

 

確かに仕事が忙しいからと怠けていて、ストレス発散!とか言いながら買い物ばかりしていました。
たまに掃除機はかけるけれど、クローゼットはパンパンだし、洋服が入らないからと買い足したプラスチックのタンスも満タンだし、更には畳んだまま棚に放置してある洋服まであるのです。

 

うん、確かにこれはテレビの汚部屋さんと変わらない…と焦り、流行りの断捨離をすることに決めました。

 

自分が一体どんな洋服を所持しているのか自分でも把握できていなかったので、先ずはクローゼットとタンスから全ての洋服を出しました。
すると、恥ずかしいくらいの量で、よく見たら同じ様なTシャツやスカートが沢山出てきたのです。

 

中には値札が付いたままの洋服もありましたし、紙袋に入ったままのちょっとしたブランド品まであったのです。
これは思っていたよりもヤバイかもしれない!と丸一日かけて仕分けをしました。

 

先ずは、必要なのか不必要なのか?の仕分けからです。使うかな?使わないかな?と悩み出したらキリがなかったので、直感で必要な服と、迷っている服、そして不必要な服と三項目で分けました。

 

その後、まだ使う洋服はクローゼットに直したのですが、パンパンだったクローゼットがスカスカまではいかないものの、パッと見ただけでどんな洋服が入っているか分かるレベルになったのです!

 

迷っていた洋服と不必要な洋服は明らかにボロボロなのを除いて、全てリサイクルショップに持って行きました。
何千円かにでもなれば良いやと思っていたのですが、、、何と予想を遥かに超えた金額の数万円になったのです!

 

思わぬ臨時収入でビックリしましたし、自分が不必要だと思っている洋服でも、他の人は必要なんだということを知ることができました。

 

お蔭で部屋は広くなったし、臨時収入にもなったし、掃除しやすくなったし、断捨離は良いことだらけでした。
(30代後半女性 大阪府)

 

エコな気持ちで洋服の断捨離を

 

不要なモノを減らす・リユース・リサイクルのエコサイクル

 

私の場合、義実家がとてもエコ志向な家庭でその影響を強く受けて断捨離を行いました。
特に舅はかなり古くなった物でも大切に使うような人。

 

私は元々あまり考えていなかったといいますか、どちらかといと正反対の生活をしてきましたのですごく刺激がありました。

 

洋服もバッグも買ったことで満足してしまって、そのままタンスの肥やし状態の物がたくさんあったんです。
お買い物はハイブランドからしまむらまで、とにかく買うことが大好きなので種類も豊富。

 

断捨離を行うにあたっては、まずその中から「本当に必要な物だけ」を厳選するための仕分けから始めました。

 

ブランド品ですが、これは大学生になったばかりの義妹に引き継いでもらいました。
新品の物も多く、喜んでもらえましたよ。長く使っていけそうなデザインの物は私か義妹が使い、後は買い取って頂きました。

 

これも、せっかくなので高く買い取ってくれる業者さんを色々探したりして。
予想していたよりもずっと高く買い取ってもらえましたので非常に満足しています。

 

ノーブランドの洋服も義妹の欲しい物はあげて、後はせっかくなのでエコな断捨離をすることに。
いくつかの洋服はフリマアプリや掲示板などで会った人に販売しました。

 

デザインが古くなってしまった物はリサイクルショップへ。
実は買取出来ない洋服でも、海外に輸出する活動をしているお店が結構あるんです。
私が行ったお店はボランティアでそういう活動をしているとのことでしたので、かなりの洋服を寄付させて頂きました。

 

他にも自治体の回収に出してみたり。最近は洋服も別に回収するところもありますよね。
私の場合は市の図書館で回収を受け付けていましたので、こちらにお願いしました。

 

状態の良い物は施設や被災地に寄付したり、手作りサークルのハギレになったりするそうです。

 

せっかく断捨離をするのであれば、ただ捨てるだけではなくこういう使い道の見える方法が良いと思います。
その方が自分の気持ちも全然違いますし、物を大切に処分することで余計な物を増やさないようになりました。
(30代前半女性 千葉県)

 

効率よく断捨離を行うコツ

 

断捨離を効率的に行うコツ

 

断捨離を行うまで、様々な悩みを抱えることがあると思います。

 

捨てるのがもったいない、いつか着るかもしれないという風に、断捨離を行うことを無意識のうちに避けていることもしばしばですよね。
でもそこを乗り越えて断捨離を実行できれば、あとは部屋の掃除が終わった後のスッキリとした解放感・爽快感が待っています。

 

ここでは効率よく断捨離を行うコツを紹介したいと思います。

 

まず断捨離がなかなか出来ない場合ですが、「捨てるのがもったいない」と感じているのであれば、その服をリサイクルショップや宅配買取で売るなどしてお金に変えてやることで、勿体無さを感じにくくなります。

 

また、3年間手付かずだった服はその後も絶対着る機会が来ないので、そのように期間を設定してやることで分別しやすくなります。

 

断捨離の手順ですが、まずは全ての洋服を床などに並べて、「いるもの」と「いらないもの」に一度分けます。
その後、「いるものの」に分けた方を、再度「やっぱりいるもの」と「やっぱりいらないもの」にもう一度仕分けします。

 

このように2段階方式にすることでスパッと決断を出せるので効率も良いですし、一気に洋服を断捨離できます。

 

売れそうなものは宅配買取に出すかリサイクルショップに持ち込み、使えないと感じたものは燃えるゴミに出します。
こんな感じで取り組めば、最初は進まなかった断捨離も時間が経つごとに楽しくなってきますし、断捨離が終わった後の爽快感を知ったら、きっともっと早く行えば良かったと後悔すると思います。

 

あとは、断捨離を行うことでどれほど不要な洋服がタンスに眠っていたのかを再認識できるので、新しい服を買う際などは自分にとって本当に必要なのかどうかを、ちゃんと考えるようになります。
また、逆に今でも問題なく着れる服が見つかったりして、コーディネートの幅が広がることもあります。

 

また、いらなかったものを手放す事で当然ながら部屋や収納スペースが広く快適に使えることになるメリットがありますし、作業中に昔よく着ていた洋服を見つけて、しばし思い出に浸ったりのも楽しいです。

 

断捨離が終わった後はスッキリ爽やかな気持ちで過ごすことができますし、なぜか他人にも優しくなれるような気がします。
その他、洋服を売ってできたお金でちょっと外食したり、買い物したりと良いこと尽くめです。

 

逆に断捨離のデメリットはほぼ無く、最初のどうしよう、面倒だなという気持ちを乗り越えることが一番大切です。

 

どうしても不安な人や断捨離ができないという人は、家族や友人など誰かと一緒に行うことで客観的な意見も取り入れながら作業ができるので、おすすめです。
(20代前半女性 山形県)

 

 

 

洋服断捨離の仕方とコツ!着ない服・不要な服を売る方法 TOPへ